【教員ママおすすめ】英語苦手ママでも読める英語絵本

育てる

こんにちは、教員+3人ワンオペママのyokoです。

今日は、英語の教員であるわたしが選んだ英語の絵本をご紹介します。

うちの子どもたちにも、言葉がわからないうちから、何度も読み聞かせした絵本です。保育園に行き始めると、「英語で読まないで。意味わからない」と英語の絵本を本棚から取ってくる回数が激減します。「英語が話せるようになってほしい」「もしかして絵本をみて、英語を話しだすのでは…」と期待せずに、英語独特のリズムや言い回しを楽しんでみてはいかがでしょうか。

今日、ご紹介する絵本は英語が苦手なママさんにも読みやすい本を選んでいます。

うちのじーちゃんですら、子どもたちに読み聞かせることができた絵本です。子どもたちは、「じーの読み方なんかちがう。でも読んで~(笑)」と、にやにやしながら、じーちゃんに何度も「読んで」とせがんでました。

「ちゃんとした発音で読んであげないと」と思わず、「子どもたちとともに学ぶんだ~」というくらいの気持ちで、ぜひ読んであげてください。

きっと、その一生懸命な姿は、愛情として子どもたちに伝わりますよ!!

The Very Hungry Catapillar

  • 【書名】THE VERY HUNGRY CATERPILLAR
  • 【出版社】PHILOMEL BOOKS
  • 【作者】Eric Carle

定番中の定番「はらぺこあおむし」の英語バージョンです。この本のいいところは、子どもたちが日本語でお話をしっかり理解しているので、英語になっても「意味がわからない」とはならないところです。曜日や食べ物など、中学校英語の基礎となるような単語で書かれているところもおすすめです。

The Happy Day

  • 【書名】THE HAPPY DAY
  • 【出版社】HarperCollins
  • 【作者】文:Ruth Krauss 絵:Marc Simont

この絵本は、白と黒を基調とした絵本です。一見地味に見えますが、絵の美しさと優しさ、内容の温かさで、心が落ち着きます。最後のシーンは感情を込めて、セリフを読むと、この絵本のもつ素晴らしさがしっかり伝わります。知人のバイリンガルママがおすすめしている1冊です。

No, David!

  • 【書名】No, David!
  • 【出版社】Blue Sky Pr
  • 【作者】David Shannon

男の子のいたずら好き(本人にいたずらしている意識はない?笑)は世界共通でしょうか。セリフが短く、誰にでも読めます!そして何より、この絵本のセリフはすべて「母」のセリフなのです。男の子がいるママさんなら、考えなくても、感情移入して読んであげられること間違いなしです!!授業で何度か読んであげていますが、中学生にも、必ず毎回うけて、ほっこりします(笑)

Dear Zoo

  • 【書名】Dear Zoo
  • 【出版社】Little Simon
  • 【作者】Rod Campbell

アメリカでは大人気の定番仕掛け絵本です。とにかく子どもたちは仕掛けをめくるのに大喜びです。それぞれのページで出てくる動物たちにわくわくどきどきさせられます。仕掛けをめくりたいがために、2歳の子がこの絵本を毎日本棚から選んで、持ってきていました。中学校英語では、あまり聞き覚えのない形容詞の単語もでてきますが、辞書を片手に読んでもらうと、おもしろさ倍増です。

まとめ

「子どもに英語ができるようになってほしい」と思うママさんも多いのではないでしょうか。「なにがなんでもできるように…」と肩に力を入れず、ママ自身がまず英語を楽しむことから始めてみてはいかがでしょうか。

YouTubeの動画では、たくさんの読み聞かせ動画があります。英語の発音を気にして、子どもに動画を見せてあげることも一つの方法かもしれません。でも、わたしはママの声で読んであげることをおすすめします。動画はママの練習用として使用する程度と考えて、できる限り、ママの声で読んであげてください。

子どもたちは、絵本の内容よりも、「この絵本を読んでいるときのママの声が心地いい」とか「このページを読むときは、いつもママが笑っている」と、読み聞かせをしているママの様子から、英語の絵本を好きになっていくのだと思います。

子どもたちが全く英語の絵本に興味をしめさなくてもOKです。そっと本棚に数冊しのばせておくだけで、いつかどこかのタイミングで「これ、読んで~」となることがあるかもしれません。そのくらい、ゆるい気持ちで、英語絵本にチャレンジしてみてくださいね。

幼いころにママと経験した心地のよい時間は、案外子どもたちの心に残っているものです。子どもたちが本格的に英語を学び始めるときに、なんだかわからないけど英語の授業がきらいではない(好きかどうかよりも、違和感がない)と感じてくれれば、ママの英語絵本の読み聞かせは成功していますよ。

英語絵本を読み聞かせすることで、ママと子どもたちが心地よい時間を過ごせるといいですね。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました