【読書感想文】小学校低学年が1時間で書けるコツ!

育てる

こんにちは、教員+3人ワンオペママのyokoです。

暑い夏に、親の頭を悩ますのが子どもたちの宿題。

計算や漢字のプリントは、まだ抵抗なく教えることができても、工作や自由研究など、何もないゼロの状態からのスタートは頭を悩まします。

そんな中で、ため息がでそうなほど、取りかかりにくいのが「読書感想文」です。

自分の子どもの頃を振り返ってみると、そもそも読書が苦手。そして、作文を書くのはもっと苦手で、毎年他の宿題はすぐに終わるのに、いつも、夏の終りまで手をつけられなかった記憶があります。

子どもの頃の苦手意識を引きずったまま、小学校低学年の我が子に「読書感想文」を書かせることは、わたしを悩ませます(笑)

どのように書かせればよいのかわからず、昨年は「読書感想文」を書くか書かないかは本人の自由だったため、パスしました(笑)

今年は、本人が「書いてみたい」と言いだしたので、親子で挑戦してみました。いろいろ調べ、子どもたちと書いてみた結果、最も書きやすい方法をご紹介します。

ちなみに、この書き方で、娘だけでなく、甥っ子、娘の友達もすんなりと読書感想文を書くことができました。

本の選び方

とにかく、子どもたちが「読みたい!」もしくは「この本が好き!」という本を選ばせてあげましょう。

課題図書で書かせる方がコンクール向きなのかもしれませんが、そもそも読みたくもない本を無理やり押し付けられては、読書自体を楽しむことができません。

本を読みながら気に入ったセリフや場面に線をひいておくと、後で感想文を書くときに、子どもたちが振り返りやすいため、本は購入することがおすすめです。

でも、本を買ったものの、子どもたちが内容を気に入らず、本を読みすすめることができない場合もあります。

我が家は、図書館へ行き、読みたい本を数冊借りて、読みながら、気にいった場面を付箋で貼っておかせました

そして、数冊読んだ中から、最も気に入った本の感想文を書かせることにしました。本を選ぶのは、親ではなく、子どもたち本人に任せることが何より大切です。

段落構成

主に、4つの段落で構成します。

学生時代に習った「起承転結」をイメージします。

  1. 「その本を選んだ理由」
  2. 「あらすじ」
  3. 「1番心に残った場面」
  4. 「結論(まとめ)」

小学校低学年の800字以内(原稿用紙2枚)を書くためには、最低この4段落が必要です。1段落=作文用紙半分をイメージすれば、書きやすいです。

読書感想文をいきなり原稿用紙に書くことはやめておきましょう。頭の中でまとまっていない状態で清書することは、子どもにとって簡単ではありません。

まずは、親が段落ごとに質問しながら、子どもたちに紙やノートに、その質問の答えを書かせていきましょう。紙やノートに書く際は、原稿用紙をイメージした縦書きをおすすめします。

では、具体的に、各段落でどのような質問をすればいいのかを書いていきますね。

第1段落「その本を選んだ理由」

まずは、どうしてその本を選んだのかを聞きましょう。

たくさんある本の中から、その1冊を選んだ理由が子どもたちなりにあります。しっかり相づちを打ちながら、子どもたちが話しやすい雰囲気を作ってあげましょう。

  • 「どうしてこの本を読もうと思った?」
  • 「どんなところがおもしろそうだと感じた?」
  • 「タイトルを初めて見た時に、どんなお話だと思った?」
  • 「表紙の絵のどんなところが気に入った?」
  • 「この本は今までに読んだことがある?」
  • 「自分一人で読んだの?それともお母さんに読んでもらった?」

このように、たくさん質問して、子どもたちが自分の言葉で答えた通りに、紙に書かせましょう。

子どもたちの答えがどんな答えだったとしても、「なるほど~」「そう感じたのか~」と、受け入れてあげてください。そうすれば、子どもたちはどんどん話せるようになっていきます。

第2段落:「あらすじ」

本を選んだ理由をたくさん話せたら、次はあらすじを紹介していきます。

「あらすじ」と言われても、子どもたちはあらすじがなんのことがわからない場合があります。

次のように、質問してみてください。

  • 「このお話には、誰がでてくる?」
  • 「○○(登場人物)は人?動物?」
  • 「○○(登場人物)はどんな性格?」
  • 「○○(登場人物)と、あなた(自分の子ども)に似ているところはある?どんなところ?」
  • 「○○(登場人物)のかっこいいところって、どこ?」
  • 「このお話は、どこであったお話?」
  • 「このお話は、いつのお話?」

たくさん情報を聞き出せば聞き出すだけ、文章が作りやすくなります。これだけたくさんの情報が下書きの段階であれば、単語と単語をつないでいけば、文章になっていきます。

できるだけ、具体的に答えやすい質問を子どもたちに投げかけてあげることが大切です。

「どう思った?」とざっくり聞くと、「え~、わからない」とか「もう飽きてきた~」となってしまします。

とにかく、子どもたちが答えやすい、つまり、明確な答えがある質問をしてあげてください。

第3段落:「1番心に残った場面」

読書感想文の中で、最も重要な段落です。

他の段落は原稿用紙半ページ弱程度ですが、この段落は原稿用紙半分以上~7割程度書くつもりで、下書きしましょう。

聞き方はいろいろあります。

  • 「この本で、一番心に残っている場面はどのページ?」
  • 「この本で、とってもわくわくした場面はどこにある?」
  • 「この本で、一番気にいったかっこいいセリフってどれ?」
  • 「この本で、主人公の気持ちがよくわかるなぁって感じた場面はある?」

と聞き出していき、その後に、

  • 「なぜ、その場面が一番心に残ったの?」
  • 「そのセリフを言ったとき、主人公はどんな気持ちだったのかな?」
  • 「そのワクワクした気持ちって、学校や友だちと遊んでいる時に感じたことある?」
  • 「主人公の気持ちがよくわかったということは、自分も同じような経験したことがあるの?それは、どんな経験だったの?」

一つの質問に対して、掘りさげていきましょう。子どもたちは深く考えずに本を読んでいますので、質問しながら、子どもと一緒に考えてみてください。

親子で対話しながら考えていくと、その子自身が本来持っているやさしさや素直さに気づかされることがあり、親の方がジーンとなります。

第4段落:「結論」

最終段落である「結論」は、いわゆる「まとめ」の段落です。

この本を読んで、感じたことを、自分の生活や未来にどのように活かしていくかを考えさせます。

  • 「主人公は勇気を持って冒険にでたけど、あなたは勇気を持って、どんなことに挑戦してみたい?」
  • 「主人公はお友だちに優しくしてあげていたけど、あなたならどんな時にだれに優しくしてあげたい?」
  • 「主人公はとっても家族のことを大切に想っているけど、あなたは妹を大切にできている?」
  • 「主人公の頑張っている姿を読んで、あなたはどんなことに頑張ってみたいと思った?」

本の内容と照らし合わせて、具体的な自分の目標を考えます。子どもたちにとっては少し難しいかもしれません。

そんな時は、親が具体的な目標例をいくつか上げて、子どもたちに選ばせてあげてもいいかもしれません。

清書

質問し続けて、書きあげた下書き用紙をもとに、原稿用紙に書いていきます。

低学年の子どもたちは、文章の中での点の打ち方や、原稿用紙の書き方自体を知らないことが多いです。

親が下書きの紙を見ながら、ていねい一言一言読みながら、子どもたちが原稿用紙に書いていくのがスムーズです。

低学年の場合、原稿用紙の文字枠の中に1字ずつ書くことに慣れていません。できれば、下書きと清書を日を分けて行うことをおすすめします。

親としては、一気に仕上げたい気持ちもわかりますが、子どもたちの集中はせいぜい続いても30分未満です。

作文の作業が嫌いになってしまっては、もったいないです。いい感想文を書くためにも、工程をわけて、仕上げましょう。

まとめ

読書感想文を書くことは、書く作業以上に、親子で対話する時間が長くかかったように思います。

子ども向き合って話をすることは、普段は忙しく、なかなかできません。

夏休みのいい思い出のひとつになりました。

親子で対話しながら、書くという作業をすることは、子どもたちに「書く」ことを好きにさせる良い方法のひとつなのかもしれません。

ぜひ、この夏、子どもさんと向き合って、親子で読書感想文を仕上げみてくださいね。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました