【教員採用試験】不合格になったら、講師登録をしよう。

働く

8月中旬~9月末頃に、教員採用試験二次試験があり、10月中旬~下旬に合格発表を行う自治体も多いのではないでしょうか。

大学生で不合格になってしまったみなさんは、この先の就職をどうすべきか迷われる方もいらっしゃるでしょう。

勉強時間が足りないから、教員採用試験浪人をすべきか…大学院に進むべきか…それとも、講師登録をして仕事を待つべきか…はたまた、一般企業への就職活動を始めるか。

悩みは尽きないですね。

みなさんの少しでも参考になればいいのですが、わたしの体験談と講師の現状をお話したいと思います。

結論から言うと、ぜひ講師登録をしてください。講師のしごとは必ずあります!!(過言ではありません!!)

教員採用試験に不合格した時の体験談

わたしも大学4回生で初めて受けた教員採用試験では見事一次試験で不合格!!

受験した自治体は自分の順位が書かかれたものを不合格通知と一緒にご丁寧に送ってくださいました。下から数えた方が早い順位だったことを、今でもクリアに覚えています。

わたしが現役時代に受験したのは、さかのぼること約20年前。(正確には18年前ですが、)その当時は、1次試験に合格したものでないと、講師の仕事は回ってこないと言われていましたので、教師の夢は諦めて、すぐに就職活動を開始しました。

わたしの両親は、「大学を卒業したら、一切お金は出さないので、自分で生活しなさい。家にいるつもりならば、きちんと毎月3万円を生活費として入れなさい」と、大学に入学した頃から、いつも自立するように言われてきました。

こんな我が家ですので、仕事があるかどうかわからない講師登録をして、結局4月に仕事が回ってこなかったというオチでは、就職浪人になってしまう!!と、教員採用試験の不合格通知をもらった地点で焦り始めました。

そもそも教員採用試験の倍率も死ぬほど高かった(20倍近かった)ので、正直「わたしなんて受かるわけがない」と、あまり勉強していなかったのです。

大学4回生になる頃から、採用試験の勉強とともに、就職活動も始めていました。

今思えば、2足のわらじを履いて、どちらも手にいれるなんてことは、無理ですよね。結局、女子大生就職超氷河期だったため、40社受けても、内定をもらえないまま、教員採用試験に臨みました。

結果的には不合格。

そりゃ、落ちますよ。世の中、そんなに甘くない。みんな努力して勝ち取っていくものですから、合格は。

「やっぱり落ちたな…やばいな…」と思っていた矢先に、たまたま入ったベンチャー企業から2次面接の連絡が入りました。

この時ばかりは、藁にもすがる思いで、2次面接を受けに行きました。おかげさまで、面接も無事に合格し、4月からの内定をいただきました。

内定がもらえたという理由だけで、講師登録はせず、一般企業に就職をしました。

今振り返ってみると…

あせって就職活動をせず、講師登録をしていれば、なんらかの講師の仕事はあったのかもしれません。

講師の仕事はないかもしれないという不安+大学を卒業したら何が何でも働かなければならないという勝手な思い込みだけで、一般企業に就職しましたが、「常勤講師!そして、絶対に英語の先生がいい!」と決めつけさえしなければ、講師の仕事は、その当時もあったのだと思います。

人生は、「こうでなければならない」なんて決める必要はなく、なんとなく自分の進んでいきたい道さえ持ち、その道に対して真面目でさえいれば、なにかしらの「縁」があるような気がします。

ですので、今思えば、「なんであの時、あんなに焦って、働きたいわけでもない企業(しかもベンチャー)に就職してしまったんだろう」と思います。就職してからの2年間は、毎日悲鳴をあげたくなるほど、ハードな日々でした。

そのまま、講師登録して、あわてず、ゆっくり講師の仕事を待つっていう道もあったのになぁと、今になってみると思います。

講師登録をおすすめする理由

今年度、教員採用試験に残念ならら不合格だった方は、絶対に講師登録をおすすめします。

子どもたちから見れば、だれが教諭で、だれが講師なんてまったくわかりません。そして、教諭であろうが、講師であろうが、仕事内容に一切変わりはありません。

都市部では特別支援の先生が足りていません。地方では、自分の専門教科ではない教科を持たされる可能性もあります。全体的に、教員不足であるように思います。

数年前、わたしは3人目を妊娠し、6月中旬に産休に入りましたが、その時も産休の代理講師が見つからず、英語科の先生方が手分けして、授業に行ってくださいました。結局、その2ヶ月後、2学期の始まる8月末に、校長先生が知り合いの方から紹介を受け、やっと講師の先生に入っていただくことができました。

通常は、講師を見つけ、その学校に派遣するのは教育委員会の業務です。しかし、その教育委員会も人手不足のため、講師を見つけることができていないのが現状です。

あなたが想像している以上に、講師の仕事依頼はあります。

教師になるために教員採用試験を受けたのだから、あえて民間企業に就職するような遠回りをせず、素直に講師登録へ行ってください。

そして、講師として働く中で、あなたのモデルとなるような先生を職場で見つけてください。自分の目指す教師像が職場にいることは、この上なくラッキーなことです。面接や場面指導でも、その目指す先生をイメージして答えることができます。目の前に「教員採用試験の回答」があるなんて、こんな素晴らしいことはありません。

講師の仕事はいつ来るか?

正教諭の人事異動は、1月末から話し合いが開始し、本人に連絡がくるのは3月の中旬です。

人事異動は、

  • 正教諭(3月中旬)
  • 常勤講師(3月末)
  • 非常勤講師(早くて3月末、ときには4月1週目)

という順番です。

この3月中旬から末にかけてが、一番バタバタする時期です。ですから、初めて講師登録をしたあなたに、仕事がまわってくるのは、運がよければ、3月末でしょう。場合によれば、4月に入ってから連絡が来て、「明日から学校に行ってください」と言われることがあります。

いつ電話がかかってきてもいいように、心の準備だけはしておきましょう。

そして、たとえ自分の納得のいく講師内容でなくても、仕事は受けた方がいいです。一度断れば、次の仕事を頼まれる確率はさがります。

依頼された仕事があなたにとっての「縁(チャンス)」です。自分にできるかできないかは、何の問題でもありません。すべてはどうにかなります。ぜひ、電話がかかってきた仕事を喜んで引き受けてくださいね。

まとめ

教員採用試験に残念ながら不合格になったら、

  1. 講師登録をする。
  2. 講師の依頼が来るまで、採用試験の勉強に励む。
  3. 講師の依頼が来たら、喜んで引き受ける。
  4. 働きながら、自分の理想とする先生を探す。
  5. 理想の先生が見つかったら、その先生の言動をしっかりと観察し、良いところを自分の授業や生徒対応で取り入れる。
  6. 目の前に起こることは、自分の未来のため、教員採用試験のための勉強でもあると、常に認識し、謙虚な心を持って、働く。

あなたが謙虚な心で日々を過ごせば、必ずあなたを応援してくれる人が現れます。その時に、常に感謝の心を忘れないでいてくださいね。

人との出会いを大切にすることで、あなたの人生は豊かになっていきます。あなた自身が素晴らしい先生になることを願っています!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました