【教員採用試験必見】場面指導回答例~無気力な生徒編~

働く

こんにちは。教員+3人ワンオペママのyokoです。

今日は、教員採用試験「場面指導」について、お話させていただきます。

わたしが受験した自治体では、模擬授業が試験内容に入っていました。先日お会いした元校長先生(現在は大学にて教員採用試験の指導をされています。)にお話をお伺うと、現在は「場面指導」が多くの自治体で取り入れられていそうです。そして、講師経験のない現役の受験生にとっては、この「場面指導」がとても難しく感じている方が多いとのこと。

それはそうですよね。現場で働いた経験がなければ、いきなりテーマを出されても、どう答えて(演技して)いいのか、全くイメージがつかないと思います。

では、よくある場面指導の中から、「無気力な生徒」を取り上げて、指導例を書いていきます。

無気力な生徒の場面指導

まじめな生徒が「先生、もう疲れた。毎日心が苦しい。学校くるのもつらい。どうしたらいいですか」と相談してきました。あなたなら、どうしますか。
~演技例~
まずは、このように設定します。↓↓↓
  • 5時間目終了後の休み時間に相談を受けた。
  • 生徒は中学校3年生で「ゆう」という名前である。
教師

ゆうちゃん、6時間目受けられる?

あと少しで、休み時間が終わってしまうし、放課後、ゆっくり聞かせてもらえるかな。6時間目大丈夫?

生徒
大丈夫。6時間目は授業受ける。

~「放課後、誰もいない教室で」と再設定~

教師

ゆうちゃん、しんどかったのに、6時間目と終学活ちゃんと受けて、えらかったね。どうしたの?

生徒

毎日学校来るのもつらいし、ときどきわたしなんて死んだ方がいいのかなって思うときがある。

死んだ方がいいって思うときがあるのかぁ。例えば、どんなときに死んだ方がいいって感じるの?
生徒

授業中に、わたしが発言したら、男子が目配せして笑ったりすることがあって。

男子に目配せされたのか。そのときに、死んだ方がいいって感じるの?
生徒

そのときは、いやだなって思うだけ。でも、寝るときに、中1の頃いじめられてたことを思い出して、「目配せしたりする男子は、わたしがいなくなった方が気楽になるのかな」って考えたりする。

そうかぁ。授業中に目配せされて、中1の頃にしんどかったことを思い出したのね。一人でつらかったね。正直に話してくれて、ありがとうね。

生徒
(ポロポロ泣きはじめる)

ひとりで抱えこんでたのね。それは、本当しんどかったね。先生にできることあるかな?目配せする男子に、先生から話してみよう か。

生徒

男子には言わないでほしい。ひどくなるといやだから。

そうか。男子には何も言わない方がいいのね。どうしても気になるときは、必ずもう一度教えてね。学年の先生には、お話しておいていいかな?

生徒

(うなづく)

それなら、学年の先生にお話して、授業中に男子が目配せしたり、笑ったりしたら、その場で注意しておくように、伝えておくね。

ところで、ゆうちゃん、死んだほうがいいって感じたとき、どうしてるの?
生徒
死んだほうがいいって感じたときは、すぐにYouTubeで大好きなジャニーズの動画みてる。ずっと考えてると、しんどくなるから。
ジャニーズの動画見てるのね。自分で、つらい気持ちを切り替える技をちゃんと持ってるのね。14歳にしては、すごいなぁ。
生徒
今はジャニーズの動画見てるときだけが、楽しい。
ジャニーズ大好きなのね。いいね、大好きなものがあるって。
また、死んだほうがいいって感じるくらいつらい気持ちになったときは、先生に教えてくれる?先生でよければ、いつでも話聞くからね。
生徒
うん。わかった。ちーちゃん待ってるから、帰ります。
ちーちゃん、待ってくれてるの?ゆうちゃんには、いい友だちがいるね。じゃあ、また明日ね。

まとめ

生徒役の面接官がどのようなセリフや演技をするかによって、自分の演技も変わってきます。生徒指導上で大切しにしていることが2つありますので、ご紹介します。

  • 生徒の気持ちに寄り添うこと。
  • 「~しなさい」「~してはいけない」と言わないこと。
大人からみれば、そんなことくらいで「死にたい」とか「つらい」なんて思うなよ~と言いたくなるところですが、10代の中学生にとっては、授業中に目配せされても「死にたいくらいつらくなる」のです。
最近の子は心が弱いなぁとなげく先生方も多くいますが、もともと人間は心が弱いものだと、わたしは考えています。(そもそも、わたし自身、心が弱いので。笑)
ただ、心が弱くても、自分のことをそのまま受け入れてくれる人がいれば、弱い心も少しずつ強くなっていくように感じます。
友だちでもいい。家族でもいい。教師でも、近所のおばちゃんでも、ありのままのあなたを受け入れてくれる人がこの世の中にいるということを、生徒指導する中で、生徒自身に感じてもらうことを大切にしています。
場面設定のテーマはたくさんあると思いますが、どのテーマにあたっても、自分の生徒に対する思いが、面接官に伝わることが大切です。緊張しても、失敗しても、とにかく「生徒のことが大事!!」という気持ちを持っていてください。
大きな深い愛情をもった先生方が教員採用試験に合格され、現場で活躍されることをお祈りしております。
今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました